映画表現決起集会

アクセスカウンタ

zoom RSS ポンペイ

<<   作成日時 : 2014/07/04 02:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ポンペッて来ました(・∇・)ノ

>「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督が、西暦79年のベスビオ火山の噴火によって灰となったローマ帝国の街ポンペイを舞台に描いたアクション大作。
ローマ人に一族を滅ぼされたケルト人騎馬族の生き残りで、奴隷となりグラディエーターとして成長したマイロは、ポンペイの有力者の娘カッシアと出会い、身分の差を乗り越え恋に落ちる。しかし、カッシアは、かつてマイロの家族を殺したローマの上院議員コルヴスに婚約を迫られていた。やがて自由の身になったマイロが街を離れようとした時、ベスビオ山が噴火。マイロは愛するカッシアを救うため、溶岩が迫りくる街へと舞い戻る―

久々に映画レビュー(笑)
流石ポールさんだけあって闘いのアクションが面白かったですよ(^_^)それと地割れとか火山が凄かったです。
ポンペイは実際にあった話ですが、火山の噴火具合とかそういうのはやはり想像になりますよね。でもこんなだったんだろうな…と思うと凄く怖かった(>_<)
港から船で逃げ出しても飛んで来る溶岩石で粉々になるし、津波はくるし、街中はドッカンドッカン飛んでくる溶岩石や炎や火山灰で阿鼻叫喚だし。逃げ道ないじゃんって、これは絶望的になりますね。
そんなドッカンドッカンでモワモワしてる中を原動力は愛でカッシアお嬢さんを助けに行く主人公のマイロですが、こんな非常事態にも関わらずカッシアに固執して逃げるより前に強引にカッシアをさらって行くコルヴスさん。そんな事より避難しろよって心配になってしまうぐらいです。
それにしてもコルヴス役のキーファー・サザーランドは父上のドナルド・サザーランドと同じく妙に暴君が似合いますね。清々しい程に権力を振りかざして神々しいですよ。着てるものが金ぴかだから神々しく見えるのか(笑)
最後も愛で終わって、そうだよなぁ、そうなるよなぁでした。
中々良かったです(o^∀^o)
私のオススメ見所は、コロッサスでの闘技と避難そっちのけでカッシアを乗せて小さい荷馬車みたいなので走り回るコルヴスさんですね。彼は一体何処に向かいつつマイロを振り切ろうとしてたのか…謎だ。どう観ても火山に向かってると思えるモワモワ火山灰っぷりなんだけど。燃えまくってるし。迷子になっちゃったのかなぁ(´∀`)と、何てどこまでも残念な暴君なんでしょうって嬉しくなってしまうよ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ふたりの男性にそれだけ執着されるカッシアさん。美人でしたか?(^O^)
ホント、阿鼻叫喚地獄だよね。想像するだけでコワイ。どうせ死ぬなら、一番最初に飛んできた岩石が頭に当たって死ぬのがまだしもラクかもね。恐怖を感じる時間をできるだけ短くしたいもんだ(~_~;)
キーブー
2014/07/06 20:59
toキーブーさん
カッシアさんはエミリーブラウニングって『エンジェルウォーズ』の主人公だった人です(^^)唇がポテッとした可愛らしい人なので、純朴な青年からも冷血な暴君からも好かれそうですな(笑)
うんうん、助かる見込みゼロなら地獄絵図を見る前に苦しみ一切無く逝きたい(T∧T)恐怖を目の当たりにしては嫌だよ〜。でも、助かる見込みがゼロじゃなかったら...頑張ってみるかな(^^;)ただ、阿鼻叫喚を目にして頑張れるかが問題だけど(-_-;)
miyo
2014/07/09 19:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
ポンペイ 映画表現決起集会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる